Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20の違いを比較

VitantonioヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20の違いを比較 キッチン用品

おしゃれでコンパクトなヨーグルトメーカーとして誕生したVYG-20と、後継機種であるVYG-30。見た目にはほぼ違いがありませんが、オートメニューや付属品などに違いがあります。

\他のヨーグルトメーカーも気になる人はココをclick!/

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
カラーの違い

VYG-30 VYG-20
カラーシルバーシルバー

どちらもボディはシルバー1色のみです。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
サイズの違い

VYG-30VYG-20
サイズW125×D145×H280mmW130×150×H280mm
重量810g840g

サイズはVYG-30のほうがややコンパクト。重量も30g減となっています。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
電力の違い

VYG-30VYG-20
電圧AC100VAC100V
周波数50/60Hz50/60Hz
消費電力30W30W

どちらも消費電力やパワーには違いがありません。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
付属品の違い

VYG-30VYG-20
付属品専用ボトル(PP)
牛乳パック用カバー
スプーン
カラーレシピブック
専用ボトル(ガラス)
牛乳パック用カバー
スプーン

VYG-30にはカラーレシピブックが付属しています。また、専用ボトルの素材もPP(ポリプロピレン)とガラスという違いがあります。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
専用ボトルの違い

VYG-30VYG-20
容量700ml800ml
素材PP(ポリプロピレン)ガラス
煮沸消毒

VYG-30は容量こそ100ml少ないものの、PP製で扱いやすく煮沸消毒もOK。VYG-20はガラス製で容量が多く、におい移りの心配が少ないなど、双方にメリットがあります。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
対応パックの違い

VYG-30VYG-20
牛乳パック
500ml
牛乳パック
1000ml

どちらも500mlパック、1000mlパックに対応しています。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
オートメニューの違い

VYG-30VYG-20
オートメニュープレーンヨーグルト・豆乳ヨーグルト
のむヨーグルト
甘酒
塩麹
プレーンヨーグルト
カスピ海ヨーグルト
甘酒
塩麹

VYG-30ではメニューからカスピ海ヨーグルトがなくなり、豆乳ヨーグルト・のむヨーグルトが追加されています。

Vitantonio(ビタントニオ)ヨーグルトメーカーVYG-30とVYG-20
価格の違い

VYG-30VYG-20
Amazon
(2022年1月時点)
5,411円~
現在の価格を確認する
4,930円~
現在の価格を確認する
楽天
(2022年1月時点)
5,500円~
現在の価格を確認する
5,200円~
現在の価格を確認する
Yahoo!ショッピング
(2022年1月時点)
5,500円~
現在の価格を確認する
4,999円~
現在の価格を確認する

VYG-30になって機能がバージョンアップされた分、価格は若干高めとなっています。

VYG-30はややバージョンアップ、専用ボトルは好みがわかれる

VYG-30とVYG-20を比較してみると、ややコンパクトになったり、近年の需要に合わせた豆乳ヨーグルトがメニューに追加されたりするなど、若干バージョンアップしています。

人によっては、専用ボトルがPP製になったことがネックになるかもしれません。ただ、紙パックごと作る人にはあまり関係ない点ですね。

価格はやはり後継製品であるVYG-30のほうが高くなっているため、少しでも安く購入したい人や型落ちな点は気にならないという人なら、VYG-20も十分に選択肢に入ります。

\他のヨーグルトメーカーも気になる人はココをclick!/

コメント