ドウシシャかき氷器 2021年モデルと2020年モデルの違いを比較

キッチン用品

電動かき氷機と言えば定番の、ドウシシャの電動ふわふわとろ雪かき氷器。毎年新しい型番で登場しており、2021年モデルはDTY-B1。2020年モデルのDTY-20とは型番こそ異なるものの、性能、デザインともに全く同じとなっています。

\他のかき氷機も気になる人はココをclick!/

ドウシシャかき氷器 DTY-B1(2021年モデル)とDTY-20(2020年モデル)
カラーの違い

DTY-B1DTY-20
カラーブラック
グリーン
ブラック
グリーン

カラーはどちらも、スタンダードなブラックと爽やかなグリーンの2色。キッチンの雰囲気に合わせて選ぶことができます。

ドウシシャかき氷器 DTY-B1(2021年モデル)とDTY-20(2020年モデル)
サイズの違い

DTY-B1DTY-20
サイズW145×D200×H335mmW145×D200×H335mm
重量1.2kg1.2kg

2020年モデルも2021年モデルも、サイズや重量に変化はありません。

ドウシシャかき氷器 DTY-B1(2021年モデル)とDTY-20(2020年モデル)
電力の違い

DTY-B1DTY-20
電圧AC100VAC100V
周波数50/60Hz50/60Hz
消費電力25W25W
定格時間2分2分

電力関係にも違いはなく、どちらも同等のパワーで氷を削ることができます。

ドウシシャかき氷器 DTY-B1(2021年モデル)とDTY-20(2020年モデル)
付属品の違い

DTY-B1DTY-20
付属品ふた付き製氷カップ×1
ふた付き製氷カップハーフ×2セット(4個)
ブラシ
ふた付き製氷カップ×1
ふた付き製氷カップハーフ×2セット(4個)
ブラシ

付属品も全く同じです。

おすすめは2021年モデル(DTY-B1)

ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器は、2020年モデルも2021年モデルも、スペックが全く同じです。どうせスペックが同じなら、決め手は価格!

普通に考えれば古いほうが安いというイメージがありますが、ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器は2021年モデル(DTY-B1)のほうが圧倒的に安くなっています。

例えば2021年6月時点でのAmazon・楽天での価格は、以下の通り。

DTY-B1DTY-20
Amazon¥4,773¥11,550
楽天¥4,779~¥13,584~

なぜか2020年モデルは2020年12月に入ってから価格が一気に高騰し、一時期は2万円を超える価格で販売されていたようです。そして高い価格水準のまま次のシーズンまで来てしまったという感じですね。

敢えて高い2020年モデルを買う意味は全くないどころか損なので、買うなら絶対に2021年モデルです。

\かわいいかき氷機が知りたいという人はこちらのページもオススメ/

\他のかき氷機も気になる人はココをclick!/

コメント

  1. ゆっち より:

    知りたかったことが丁寧に書いてあって とても助かりました。ありがとうございます。